【ラスベガス】カジノスロットの遊び方・使い方を解説 リワードカードは作るべき?

カジノは基本的には同じシステムなのでラスベガスに限った話ではありませんが初めてラスベガスのカジノに行った人向けにわかりやすいスロットの説明を書いておきますね。

目次

マイレージカード作ると少しお得

M Life Rewardカード

ラスベガスのテーマホテルで広範囲を占めるMGM系列

  • ベラージオ
  • シティセンター
  • MGMグランド
  • T-モバイル・アリーナ
  • マンダレイ・ベイ
  • ザ・ミラージュ
  • モンテカルロ
  • ニューヨーク・ニューヨーク
  • ルクソール
  • エクスカリバー
  • サーカス・サーカス ラスベガス
  • レイルロードパス

このどれかに宿泊する人も多いと思います。

これら全部共通で使えるポイントカードみたいなM Life Rewardカードというのがあります。

このカードを使うとカジノやホテル、レストランの支払いに応じてリワードポイントが貯まります。

カジノ利用額が少ない場合は作らなくてOK

とはいえスロット80万円分くらい回さないと次ランクにならないので「せっかく来たからちょっとカジノで遊んでみよう」って人はべつに作らなくてもOK

ホテル代でも貯まりますので目安としては宿泊費+カジノで20万使うかどうかで作るか判断すればいいかと思います。

また、ポイントは永久ではなく毎年9月末でリセットされてしまうので2泊3日でカジノは10万以下とかいう場合は別に作らなくていいんじゃないでしょうか。

リワードカードを作った恩恵とか

ランクが上がったおかげなのかよくわかりませんがベラジオホテルに宿泊した際はビュッフェを無料でサービスしてくれたりと、状況に応じた臨機応変な?特典もあるみたいです。

ザ・ビュッフェ(The Buffet)のバフェの料金はディナータイムだと43〜40ドルなのでお得&嬉しいです!

M life rewardカードの作り方

f:id:hateblog-321web:20200705154057j:plain

無料で作れるので悩んだらとりあえず作っておけばいいかなと思います。

作り方は簡単、カジノにあるM life PLAYERS CLUBとわかりやすく書いてあるカウンターがあるのでそこでPlayers card pleaseとでも言えば作ってくれます。

CAESARS Reward

別系列のCAESARSリワードは下記の施設で使えます。

  • Caesars
  • HARRAH’S
  • WSOP
  • Paris
  • HORSESHOE
  • Bally’s
  • Planet Hollywood
  • THE CROMWELL
  • The LINQ

自分がたくさん利用するところで作成した方がマイルポイントが分散しなくて良いので可能であればグループ施設を利用してリワードポイントをためましょう。

作り方や使用方法は同じでカジノの中にReawardカウンターがあるのでそこで発行してもらいましょう。

スロットの使い方・遊び方

Rewardカードを入れる

f:id:hateblog-321web:20200705154126j:plain
  1. 「INSERT CARD HERE」と書いてあるスロットにM life Rewardカードを挿入
  2. ちゃんと認識されると赤から緑色に変わる
  3. 液晶にWelcome〜と名前が表示されればOK

カードがない場合は入れないで問題ありません。

ただRewardポイントが貯まるというだけです。

INSERT BILLS OR TICKETSに現金投入

f:id:hateblog-321web:20200705154213j:plain

チャージしてから使うスロットもありますがラスベガスをはじめ多くのスロットでは現金を直接投入します。

コインは使えませんが紙幣なら1ドルから100ドルまですべて使用可能。

「INSERT BILLS OR TICKETS」と書いてある挿入口があるのでそこに現金を差し込めば画面上に金額が表示されますよ。

必ずBETはMAXに!

スロットでは必ずBET(掛け金)をMAXにしましょう。

最低掛け金のスロットのあたり列がシングルなどありますが、MAXBETにしないとカジノスロット最大の醍醐味であるジャックポット(大当たり)の対象になりません

やめる時や台を移動するときはCASHOUT

f:id:hateblog-321web:20200705154306j:plain

台にCASH OUTと書かれたボタンがあるのでそれを押せば投入した金額のチケットが出てきます。

このチケットはATMに入れれば現金化もできますし、別の台の現金投入口に入れれば現金同様に使えます。

ジャラジャラとコインが出てくるみたいな快感は味わえませんが非常に便利なシステムになっています。

100万円以上 勝てた場合

ジャックポットで10000ドル以上の大当たりをした場合はATMでは引き出せずcashierと書かれたカウンターでの取り扱いになります。

私は残念ながら投入金額すべて溶かして負けただけなので引き出す機会はありませんでしたが😇

カジノのスロットに必要な金額

カジノのスロットは5ドル以下でも試しに回してみる事は出来ますが、ある程度の時間遊ぶつもりでいるのならば最低1000ドルくらいは欲しいかなという印象。

当然運にもよりますが、当たりが出ずに外れ続けた場合は100ドル程度だと10分かからずに終わります。

1,000ドルでも台によってはあっという間に終わってしまうので必要な金額というのも答えにくいんですけどね。

雰囲気を味合うだけならあっという間に終わってしまいますが50ドルとかでも十分。

長時間遊び尽くしたいなら10000ドル溶かすことは覚悟した方がいいかなぁと思います。

カジノ内のATMは手数料が高い

f:id:hateblog-321web:20200705154554j:plain

ラスベガスの道にあるATMとカジノ内のATMを比較したところ手数料は2倍でした。

はじめに使う金額を決めて引き出してから行くのがいいかもしれません。

熱くなってカジノのATMで引き出しを繰り返し始めたらヤバイです。

外のATMの方がやすい!と思っていると外に出て冷静さを取り戻せるので良いかもしれません笑

カジノではドリンクが無料

カジノは居心地が良くなるように作られています。

時計が無く時間を気にしないようにできていたり、無料でアルコールを含むドリンクが飲み放題です。

無料とはいえドリンクをお願いした場合はチップとして1ドル渡しましょう。

チップの金額アップもメリットあり

チップの金額は1ドルで十分ですが、なかなか回ってきてくれず飲み物が届くのも時間がかかります。

チップを多めに3ドルとか5ドル渡すと早く持ってきてくれ、また無くなる頃にはまた次のものを聞きにきてくれます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる