Uber 自分の評価について 確認方法や評価を上げる方法

f:id:hateblog-321web:20201008133754j:plain

Uberの自分の評価は?

Uberの自分の評価は?Uberは運転手の評価だけではなく、自分もドライバーから評価されています。

乗客の評価はそれほど重視されていませんが今後重要になってくる可能性も!

今回は100回以上乗車して評価4.9以上を維持している私が自分の評価が低いことによるデメリットや、評価を下げない方法(上げる方法)をご紹介します。

Uberタクシーとは

Uberタクシーを知らない人もかなり減ってきた印象ですが、知らない人向けに簡単に説明するとUberタクシーとはアプリからすぐに配車依頼できるサービスのこと。

ドライバーは個人が行っておりUberは個人間をつなげるためのプラットフォームになっています。

詳しくは下記の記事にまとめましたのでご覧ください。

 評価が低いことによるデメリット

現状低評価でもデメリットはありません。

強いて言うなら「一部のドライバーから乗車拒否される可能性がある」くらいでしょうか。

ドライバーが多い都会や駅や空港などはいいですが、ドライバーが少ないエリアや時間帯によっては台数が少ないため、評価を理由に拒否されると乗れないなんて言う場合も出てきてしまうかもしれません。

現状は評価低くても一部の人しか拒否しないのでそこまでデメリットはありませんが評価は高いに越したことはありません。

自分のUber評価の確認方法

f:id:hateblog-321web:20201006175134j:plain

Uberアプリを開いて左上の名前の下に表示されています。

Q. 評価が表示されていない場合は?

A. 自分のUber評価は乗車数が少ない場合は表示されません。Uberの公式サイトの説明を見ると5回乗車する必要があるとのことです。

しかし毎回ドライバーが評価をしてくれるわけではないので私が実際に反映されたのは10回くらい乗った頃でした。また、評価が反映されるまでに時間差があるので5回目の評価されてもすぐに評価が表示されるわけではないので気長に待ちましょう。

ドライバーからつけられた評価の確認方法は?

ドライバーがあなたにつけた評価を個別に確認する方法はありません。

頻繁に乗らない場合は前回の評価を覚えておけば評価ポイントの上下で計算することはできますが、ドライバー個別に評価を見ることはできません。

乗客の評価もドライバーの評価も匿名性が守られているため率直な評価ができるようになっています。

評価を上げる方法・下げない方法

高評価を保つためにやっている事についてです。

特にドライバーから嫌われる行為は下記の7つ

  • 車内飲食
  • 車を汚す
  • 喫煙
  • 飲酒状態
  • くさい
  • 偉そう
  • 待たせる

これらは評価を著しく下げる可能性があるので注意しましょう。

基本的にドライバーは問題なければ星5をつけてくれるので、評価を下げるような事をしないというのが重要になります。減点方式です。

車で飲食しない

Uberは自分の車で営業しています。仮に自分がドライバーだったとして、自分の車で他人に飲食して欲しくないですよね?

飲み物くらいならマイナスにしないかもしれませんがファーストフードやお菓子などの食べ物は食べカスが落ちる可能性もあり、かなり嫌われるのでやめましょう。

車を汚す

足が泥だらけで車を汚すというのもNG 雨や雪の日は仕方がない場合もありますが注意しましょう。

タバコを吸わない

あたりまえですが一応。匂いが車内につきますし、運転中も不快になります。

また、車内に匂いがついてしまうと匂いを落とすのに時間がかかるため次の乗客をすぐに拾えなくなるので機会損失が発生してしまいます。タバコ嫌いの運転手の場合は評価1がつくので注意。

運転手が喫煙者で、吸っても良さそうな場合は確認してから吸いましょう

飲酒はほどほどに

海外はお酒に強い体質の人が多く、悪質な酔っ払いは少ないイメージですが酔っ払っている客は嫌われるのでお酒には気をつけましょう。泥酔状態なだけでも評価は下がる危険がありますが、泥酔状態は他のマイナス点を発生させやすいです。

気持ちが高ぶってマナー違反しないように注意が必要ですね。

匂いを発生させない

飲食しなくてもファーストフードを持ち込んだりすると匂いが充満しますし、強い香水だと車に匂いがうつります。また、汗臭いのも程度によりますがマイナス評価に繋がります。体臭などはどうしようもない部分はあるかもしれませんが可能な限り車内に匂いを残さないように注意を払いましょう。

偉そうにしない

日本と違ってお客様文化はありません、乗せてもらってありがとうという感じで乗る前と降りるときに挨拶くらいはしましょう。「thank you」の一言でOKです。

何かお願いする際もしてもらって当たり前という態度は控え、本来のサービス外の要求であればチップを渡すくらいはした方が良いです。

待たせない

待たせるのはNGです。乗り場をしっかり確認して自分の方が先についているように心がけましょう。3分も待たせたらおそらく評価は下がります。場合によっては数分待たせただけでも星1がつくことも!

Uber評価を高確率で上げる方法

f:id:hateblog-321web:20201006181302j:plain

平均して評価算出しているので評価を一度に大きく上げるようなことはできません。

地道に星5を積み重ねるしかないため評価を大きく上げるのは難しいですが、評価される前でしたら本来3をつけようとしたところを5になるよう評価を上げる方法があります。

非常にシンプルで効果的な方法『降りるときにチップを手渡しする

Uberは乗車後にアプリから運転手の評価と同時にチップを渡すことができて非常に楽なので最初の頃はここからチップを渡してましたが今はやってません。

理由は誰がチップをくれたかわからないからです。チップをくれた客の印象はとてもよくなるので悪い評価をつけにくくなります。

少のマイナス評価もチップで相殺され4から5くらいにはなります。

ちょっと遅れちゃったなって言うときは、待ち時間にもよりますが謝罪して数枚ドル札を手渡せば待たせたことは許してもらえるはずです。

もし大幅に遅れた場合(10分以内)はチップも多めに5〜10ドルほど渡しましょう。

Uberの評価は大事

私が気をつけているのはこんなところです。100回以上乗っていますが4.9以上をキープしています。
最初のころは何回か星4評価を受けてしまい5.0は維持できてませんが最近では全て星5をもらっているはずです。

一度でも低評価を受けてしまうと一気に4.7~4.8くらいになってしまうので気をつけましょう。

そして何度も低評価を受けて4.6を下回ると、一部のドライバーからは乗車拒否される可能性も出てきます。運転手の評価も大事乗る方としても星5ドライバーに乗りたいですよね?乗せる方も当然評価のいい客を乗せたいのです。

 

今回は運転手からみた乗客の評価ですが、乗客からみた運転手の評価も重要。運転手評価の判断方法などについては下記の記事に詳しく記載しましたのでご覧ください。

 

Uberは日本でも便利ですがなくても困らないサービスです、しかし海外ではもはや必須のインフラと言えます。今後Uberのシステムが変更になり評価の高い客を優遇するようになったとき後悔しないようにUberを利用しましょうね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる