絶対に行くべき群馬の絶景『吹割の滝』は最高の景勝地です

f:id:hateblog-321web:20200623153710j:plain

知る人ぞ知る、川が割れている東洋のナイアガラこと『吹割の滝』に行ってきました。

目次

吹割の滝とは

吹割の滝は群馬県沼田市にある世界的にも珍しい川が割れている滝なんです!

圧倒されるのはその規模!

  • 高さ:7m
  • 幅:30m

すごい大きさで、水の勢いもあり水飛沫が飛び散りものすごい迫力のある瀑布となっていました。

周辺をぐるっと回ることも出来るし、滝のすぐ近くまで寄ることが出来るので見応えバッチリ。

勢いの良い滝を見たい場合は4月ごろがオススメ

実際の映像

実際に動画を撮影してきましたのでご覧ください。

 

広範囲に渡って絶景を楽しむことができます。

紅葉シーズンも紅葉と滝を一緒に眺められるのでとても景色が良いそうです。是非また行ってみたいと思います!

吹割の滝は岩盤の柔らかい場所に割れ目が生じ、その割れ目が滝となり川が割れているように見えているんです。

吹割の滝以外の見所

f:id:hateblog-321web:20200623153815j:plain

吹割の滝がメインであるのは間違い無いんですが歩いて吹割の滝に向かう最中にも素晴らしい滝や川、景色がみられます。

吹割の滝に向かう途中の橋や遊歩道を撮影してきたので写真を何枚かご紹介しますね。

 

f:id:hateblog-321web:20200623153900j:plain

f:id:hateblog-321web:20200623153904j:plain

f:id:hateblog-321web:20200623153908j:plain

f:id:hateblog-321web:20200623153912j:plain

f:id:hateblog-321web:20200623153916j:plain

f:id:hateblog-321web:20200623153921j:plain

吹割の滝 おすすめルート

f:id:hateblog-321web:20200623153942j:plain

吹割の滝の観光ルートは2種類

  • 先に遊歩道に行くルート
  • 先に吹割の滝を見るルート

どちらが良いかと聞かれたら先に吹割の滝を見るルートをオススメします。

先に吹割の滝を見に行くルートのほうがおすすめな理由は下記の2点。

  • 遊歩道は結構距離があるのでたどり着くまでに時間がかかる
  • 上から中途半端に滝が見えているためファーストインパクトが弱い

特に理由がなけれ遊歩道は帰り道に利用するのが良いと思います。

コロナウイルスの影響は?

現在、吹割の滝は通常通り開放されています。

観光客の多い観光地ではありますが、広く風通しが良いため、密を避けて観光してもらえば問題ない感じです。

感染予防のために遊歩道の散策は避けたほうが良いかもしれません。

吹割の滝、雨の日は?

雨の日の吹割の滝は見ることは出来ますが、足元が滑りやすいため注意が必要。

特別足場が悪いわけではないんですが、滑りやすい靴などではいかないほうが良さそうです。

傘は周りの人の迷惑になる可能性があるのでかっぱを着ていくと◎

吹割の滝の行き方

車の場合

関越自動車道 沼田インターから国道120号線を尾瀬方面へまっすぐ20分

バスの場合

JR沼田駅から【鎌田行き】で「吹割の滝」まで40分

無料駐車場

吹割の滝の手前の信号機の前に無料駐車場があります。

10台ほど駐車可能でここから歩いてすぐになります。

また、上にも駐車場はいくつかありますが有料になります300~500円ほど(季節により変動)

観光・観覧営業日

12月中旬〜3月下旬は冬期閉鎖されてしまいます。

その他の期間は自由に観光できますが遊歩道は夜間通行止です。

吹割の滝の料金は?

観覧料や拝観料はありません。完全無料です。

駐車場は手前の信号に無料駐車場がありますので完全に費用がかかりません。

吹割の滝の問い合わせ先は?

沼田市役所 利根支所 観光係

TEL:0278-56-2111

吹割の滝 オススメです!

圧倒的な迫力と他の滝には無い魅力がある吹割の滝、結構雑誌やテレビなどで紹介されていて知名度が高くなっていますが、行った時は結構空いていました。

(空いていると言ってもそこそこ人は多いですが敷地が広いため圧迫感を感じにくいです)

素晴らしい滝で見応えのある観光地ですが全国的な知名度はまだ他の有名どころと比べたら低めですね。

日光東照宮に行くついでに寄りましたがとても満足度の高い景勝地でした。

日光に行く際はルート的にも寄り道しやすいので一緒に観光してはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる